40代からのおすすめメイク方法

環境スペースブログ担当、入社1年目の25歳のYです。
趣味はアウトドア!…でも、めっきり寒くなってきたので、来年まで冬眠します。
最近気になっているのが、メイク。
20代後半になり…お肌の調子が悪いと母と毎日語っています。
そこで、40代から出来るオススメのメイク方法をご紹介していきます。
若い頃にしていたメイク方法をそのまましていては「痛いメイク」と思われてしまいます。
40代からは自然に美しく見えるようなナチュラルメイクを目指してみませんか。

40代になると、20代の頃のようにどんなメイクをしても、なんとなく可愛くなるということはなくなってきます。
それは年齢を重ね、骨格や肌の質などが変わっているからで仕方のない事かもしれません。
しかし、40代らしく気になる部分を隠すようなメイクの方法をとる事で、若く見せる事も可能です。
ここでは、自然にナチュラルなメイクをして若く見せられる方法についてご紹介していきます。

40代からのベースメイク

40代からは美しい「艶のあるベース」を作る事がとても重要になります。
若々しく見えるポイントの一つに「艶肌タイプのリキッドファンデーション」を使ってみましょう。
艶肌ファンデーションは、鼻筋・あごの先・ほお骨など顔の高い部分につけて下さい。
肌の高い部分に光を与えることで、肌のたるみやしわをカバーしてくれます。

40代の目元・口元メイク

40代になると、目元に小じわが出てきたり、口角が下がってほうれい線ができたりして、いままで通りのメイクだと逆にふけて見られてしまうこともあります。
40代になったら、「塗り過ぎ」「盛り過ぎ」は逆効果です。
隠すことばかりに気をとられていると、「痛いメイク」になってしまう可能性高くなってしまいます。
アイメイクとリップメイクは次のようなポイントに気を使ってみて下さい。

・アイメイク

濃すぎるアイシャドウは目がくぼんで見える原因にもなってしまいます。
またバサバサしたまつ毛は目の下に「影」を作ってしまうので、実際の年齢よりも高く見られがち…
ナチュラルで立体感のあるメイクを心がけて下さい。
ラメのように粒子の粗いアイシャドウは小じわにたまってしまいやすいので、粒子の細かい明るめのアイシャドウを選んでみて下さい。

アイラインはまつ毛のギリギリの際の部分に入れ、20代の頃のメイクのように存在感を出しすぎないようにしましょう。
目尻の部分2㎜程度を長めにアイラインを引き、少しラインを上げるように書くと目尻のたるみをメイクでカバーすることができます。
目の下のハイライトは「黒くま」を隠す事ができるので、40代からのメイクには特にオススメです。

・リップメイク

唇も年齢と共に「シワ」が入ってきたり、唇が薄くなってきたりします。
そんな時にオススメなのが「リップペンシル」で、ぼやけてしまう唇の輪郭を綺麗に見せてくれます。
口紅とリップグロスとあわせて使うとさらに効果的でしょう。

また乾燥が酷い場合は「美容効果の高いリップ用の下地」を使ってみてください。
潤いがでるので、シワを目立たなくさせてくれます。

40代からのおすすめのメイク方法ぜひ試してみて下さい!

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。