秋から楽しみたいオススメの花

秋は気温も安定し、天気のいい日が増えるのでガーデニング楽しむ人が多くなります。
夏の間は、日差しが強く浅いことから、なかなかガーデニングをすることが難しいこともあり、秋からまた再開するという人もいます。
今回は、今から始める人にもオススメしたい秋の花をご紹介しましょう。


種類が豊富なサルビア

サルビアは綺麗な紫や赤が特徴の花です。
初夏から秋までと長い期間咲く花として人気で、夏の暑さにも強いサルビアは、育てやすく初心者にとってもオススメです。
サルビアは、多くの花が咲くので育てがいもあり、毎日の成長も見ていて楽しいです。
種から撒き始める人は、4月~5月が播き時です。
長い間咲いてくれるので、上手に育てれば6月~11月まで咲いてくれます。
また、品種も数百品種あると言われていて、ハーブのセージもサルビアの品種となっていますし、毎年新しい品種が出てくるのも魅力です。


押し花やドライフラワーでも楽しめるチェリーセージ

チェリーセージは多年草で、植えっぱなしで初夏から秋まで長い期間花を咲かせます。
残念ながら、最初の一年はあまり花付きがよくないと言われています。
2年目以降になると茎も丈夫になり、多くの花を咲かせてくれます。
チェリーセージは、地植えの場合で日が当たりにくい所であれば、水やりをしなくてもOKですが、鉢植えなどの場合では、土が乾いてきたら水やりをしてください。
肥料は、他の花と比べると少ない量で充分育てることができます。
春と秋に、緩効性の肥料を与えてあげましょう。
チェリーセージは、色数が豊富で定番のブルー・紫系以外にも赤やピンク、白などもあり、押し花やドライフラワーなどにして楽しむことができます。

手入れが簡単なエキナセア

エキナセアも初夏から秋まで長い間花を咲かせます。
夏の暑い時期は、少し花付きが悪くなりますが、秋になるとまた咲き出してくれます。
また、チェリーセージのように花が多く咲き出すのは2年目以降です。
エキナセアの花びらは、単色のものや少しグラデーションがかかったものまで、種類が多くあります。
多くの色を揃えることでお庭を華やかな印象にすることもできます。
エキナセアは、ハーブの一種でもあり数年前にハーブティーやサプリメントとしても人気を集めました。
最近販売されているエキナセアは、観賞用となっていてハーブの効果を得ることはできませんので注意しましょう。

切り花としてもおすすめのジニア

何枚もの花びらが重なり美しく咲くジニアは、ガーデニング素材として多くの人に人気の花です。
華やかな見た目の他に、たくさんの色がありますので、多くの色をそろえてみると楽しいでしょう。
咲き方にも種類があって、ポンポン咲き、カクタス咲き、ダリア咲きなどたくさんあります。
また、ジニアはうどん粉病という病気に気をつけなくてはなりません。
日の当らない場所で育てると発症してしまいますので、ガーデニングする場所が日陰しかない方は、早めに殺菌スプレーで対策してください。
ジニアは、他の花に比べて少し育てるのに注意しなければなりませんが、手をかけた分自然と愛情がわき、愛おしく思えるでしょう。
秋に咲いてくれる花は、美しく可愛い花が多くいのでとても魅力的です。
涼しくなった秋こそ、ガーデニングを始めるチャンスです。