陸上で実力をだすコツ

環境スペースでは、マラソンやジョギングを含めた「ランニング」から、短距離などの陸上競技などで実力を発揮する為のコツをご紹介していきます。
日本で人気の「ランニング」で自分の実力を発揮してみませんか。

夏にはアジア大会もあり陸上競技がテレビでも話題となりましたが、陸上競技を上達するにはどのような工夫が必要になるのでしょうか?
陸上の種目は、どれも体力を限界まで発揮して「記録を伸ばしていく」競技です。
しかし、簡単に記録が伸びていくわけではないので、努力すれば報われるということもありません。
努力しても努力してもなかなか記録が伸びない時に「ちょとしたコツ」をつかむことで、記録が一気に伸びることがあります。
ここでは、陸上競技の上達のコツとトレーニングの方法についてご紹介します。

トラック競技

・短距離走
100m、200m、400mを短距離走と言いますが、この短距離種目で記録を伸ばすには、競技の能力を高めたり練習したりするだけでなく、サプリメントで体の状態をケアすることも重要になります。
「クレアチン」が含まれているサプリメントは、瞬発系の競技をする選手には必須の成分で、短距離などの無酸素運動を行う時に「すばやくエネルギーを作りだす」役割をサポートをしてくれます。
瞬発系では、負荷が大きくかかるので、筋肉のエネルギーが多く消費されてしまいます。
その時にクレアチンが体内にあることで、力を発揮できる環境を作ってくれるのです。

・長距離走
日本で最も人口の多い競技は、「ランニング」です。
マラソンやジョギングを含めたランニングの競技人口は、日本で約1000万人ほどが行っているとも言われ、日本の10人に1人がランニングをしている計算になります。
適度な距離を走る事は、ダイエットや筋肉増強、健康を保つ面で大きく役に立つことが人気のポイントでしょう。
しかし、アマチュアのランナーによる間違った走り方や走る前の準備不足により、ヒザや関節にダメージを受けてしまうことも多いようです。
特に、ヒザを痛めてしまうと引退せざるを得ない状況になり、とても残念ですよね。
つまり、長くランナー寿命を続けたいのであれば、「ヒザや関節の負担をどのように減らすか」がとても重要になります。
走る前の準備体操も「関節痛対策」になりますし、フォームを見直すことでヒザに負担をかけないように工夫することもできます。


本番で実力を発揮する方法

陸上競技を楽しむ人は日本中にたくさんいて、大会などの本番で実力を発揮したいということは誰しもが思っていることだと思います。
一番大切な事は「メンタルを強くすること」です。
本番で実力を発揮したり大切な所で実力を出したり、集中力を出し続けるにはメンタルを鍛える事がとても重要です。
大会で実力を発揮できるよう、日頃から体とメンタルを共に鍛えておきましょう。