歌における3つの裏声

みなさん、裏声には3種類あるって知っていますか?
歌う時に自然と裏声を使いますよね。
喉の負担を減らして高いキーの曲を歌うことができる裏声。
今回の記事では環境スペースが3つの裏声について紹介します。

声の種類

声には、地声と裏声の2種類があり、地声のことをチェストボイスと呼びます。
実はこのチェストボイスのまま高音を発声してしまうと、喉を傷める原因となるだけでなく、しんどそうで聴きづらい歌声になってしまうんです。
裏声を効果的に使うことで、楽に発声することができ、喉の負担を軽減できるため取得したい技術ですよね。
裏声で歌うと迫力がなくなると言う人が居ますが、それは裏声=ファルセットだと思っているためだと考えられます。
練習を重ねれば、地声のような裏声もだすことが可能なんですよ。

裏声の3つの種類について

裏声には3つの種類があり、ファルセット、ヘッドボイス、ミックスボイスに分けられます。
ファルセットは、厳格に言うと裏声の一種で、弱々しく息漏れをさせた裏声のことを指し、感情的で繊細な歌声にすることができます。
ヘッドボイスは、芯があり、頭に響くような裏声のことで、オペラ歌手やロックボーカリストなどが使っていると言えば伝わりやすいかと思います。
ミックスボイスは、裏声と地声を混ぜた芯がある歌声のことです。
このミックスボイスは、地声と裏声の筋肉のバランスがとれていない場合、だすことが難しい裏声で、歌が上手い人でも苦戦するテクニックと言われています。
地声と対等な裏声をだすようになるためには、輪状甲状筋という、喉仏の下部にある筋肉を鍛えなければなりません。
また、似た言葉でミドルボイスがありますが、裏声と地声の中間の音域のことを指すため、ミックスボイスとは方法が違います。
ミドルボイスは、裏声の出し方で地声の音域を歌う方法のことを言うんですよ。

歌の表現を広げよう

歌の種類や、感情をのせたい場所で効果的に裏声を使い分けると歌の表現が広がり、より深みが増しますよ。
静かな曲で、囁くような高音を出す場合はファルセットを使い、高いキーを地声のように思わせたいときは、ミックスボイスを使ってみましょう。
また、ハイトーンボイスのときはヘッドボイスを使うと迫力がますので試してみてくださいね!

喉を傷めずに済むだけでなく、感情表現が豊かになれば歌っていても気持ちが良いですよね。
腹式呼吸やビブラートも使えるとより歌が上手に聞こえるので動画などで研究してみることをおすすめします♪