見た目年齢は首が大切!

首にシワがあることで、見た目年齢に差が出てしまっていることはご存じでしょうか?
首のシワやたるみは、老けているイメージを与えてしまうのです。
今回環境スペースでは、首のシワ・たるみの原因から対策までご紹介していきたいと思います。
ぜひ、参考にして首から年齢を感じさせないようにしていきましょう。

首のシワ・たるみの主な原因って?

首のシワやたるみは、どの程度かにもよりますが、場合によっては見た目年齢を10歳以上も老けさせてしまう厄介者です。
首にシワやたるみがあるだけで、どんなに顔をメイクしていても老けて見えたり、せっかくのメイクも老け隠しのように見えてしまいます。
見た目年齢を上げてしまう首のシワやたるみは
どのようなことが原因で起こってしまうのでしょうか。
主な原因としては、首のスキンケア不足と姿勢の悪さ、寝ている間の姿勢が挙げられます。
首のスキンケア不足は、顔はしっかりと化粧水から保湿まで行っているのに対して、首には一切スキンケアを行わず、乾燥から老化を促進してしまうのです。
姿勢が猫背であったり、首の前傾などと悪い状態であったりすると、首の肉が前に行きがちになります。
その状態が続くことで、首のシワやたるみを作る原因となってしまうのです。
また、高い枕を使用している場合には、それが首のシワの原因になっている可能性が高いので注意しましょう。

まずは枕を見直してみよう

高すぎる枕は首のシワの原因となるだけでなく、猫背や首の前傾などの原因にもなります。
そのため、まずは使用している枕を見直してみましょう。
枕を使用せず、バスタオルで自分に合う高さの枕を作ってみても良いですが、水を入れて枕の高さを調整できる枕もオススメです。
特に、「メディフロー/ウォーターベースファイバーピロー」という枕は、NASAが開発した断熱素材を使用しているため、水の低い水温から体温を奪われてしまう心配もありません。
価格は少し高めに思いますが、姿勢改善と首のシワ改善、またより良い睡眠には枕は大切です。
自分に合う枕を探しているのであれば、ぜひ試してみてください。

首もしっかりと保湿しよう!

実は、顔よりも首の方が老けやすい部分となっています。
これは、顔の皮膚より首の皮膚が薄いことと、日々首を頻繁に動かすことで無理に皮膚が伸びたりしやすくシワになりやすいことが原因です。
顔以上に日々知らず知らずにダメージを蓄積しているので、シワやたるみも出やすくなります。
そのため、首も毎日のスキンケアをしっかりと行ってあげましょう。

首のシワやたるみは、毎日の寝る姿勢やスキンケアで改善することができます。
より若々しさを保つために、首を大切にしていきましょう。