耳掃除は自分で行わない方がいい?

耳掃除は定期的に行っている人がほとんどではないでしょうか。
耳掃除や耳かきは、とても気持ちがよく癖になっている人も多いでしょう。
しかし、実はこの耳掃除、医学的にはオススメしないのです。
今回環境スペースでは、耳掃除についてご紹介していきましょう。

耳は自動で耳垢を出す機能が備わっている

人の耳掃除をしたことがあるという方ならわかると思いますが、耳の中にはうぶ毛のような毛がたくさん生えています。
この耳の中に生えている毛は線毛といい、耳の外側に向かって生えているのです。
これにより耳に溜まった耳垢は、自然に外に出されていきます。
また、耳垢自体は上皮でできているため、耳の入口から鼓膜までの外耳道の保護という役割も持っており、溜まっていてもさほど問題はありません。

耳掃除をしてはいけない理由!

耳掃除をすると耳垢が取れたり、きれいになるイメージが強いでしょう。
しかし、医学的には耳掃除はオススメしません。
耳垢をそのままにしておくのかと不安になりますが、耳を塞ぎ鼓膜が見えなくなる以外は耳掃除はしない方が良いとされています。
それは、外耳道の皮膚が非常に薄くなっており、耳掃除で外耳道の皮膚を傷つけてしまう恐れがあるためです。
外耳道が傷ついてしまうことで、傷口から細菌が入り外耳炎となってしまったり、それが慢性化してしまうとカビが生えてきてしまったりするのです。
また、耳かきではなく綿棒で耳掃除しているから傷つける心配はないと思われがちですが、綿棒で耳掃除するとせっかく出てきていた耳垢を鼓膜の方へ押し込んでしまうことがあります。
アメリカでは、綿棒を耳に入れないようにとの注意書きがあり、耳掃除に綿棒を使用してはいけないことが常識となっています。
それほど、耳掃除に綿棒を使用することはNGとなっているのに、なぜ耳掃除をしてしまうのでしょうか。
それは、耳の中にある迷走神経が関係しています。
迷走神経は、触れると気持ち良くなるという性質があるため、耳かきや耳掃除が癖になってしまう人が多いのでしょう。

正しい耳掃除の方法は?

正しい耳掃除の方法としては、耳の穴には触れずに耳の入口に出てきた耳垢を優しく綿棒で取ることです。
それでも気になる場合や、耳の奥に不快感がある場合には、耳鼻科へ受診して医師から取ってもらうようにしましょう。

大人が耳掃除だけで耳鼻科を受診するのは恥ずかしいと思ってしまう人もいるかもしれませんが、傷ついたり炎症を起こしたりする方が治すのに時間もお金もかかります。
正しく耳垢をとって、耳を傷つけないようにしていきましょう。