ミキサーとジューサーとフードプロセッサーの違いと選び方

フルーツジュースを飲みたい時などに活躍する、ミキサーやジューサー。
近年色んな種類のものが販売され、お手入れしやすいものも沢山あり選ぶのに悩みますよね。
今回の記事では、ミキサーとジューサーとフードプロセッサーの違いと選び方について環境スペースが紹介します。

ミキサーとは

1952年に発売され、日本の家庭で普及したミキサー。
大きなガラスの容器の底に刃が付いており、野菜や果物など、固形の食材をドロドロの液状または粉末にできる調理器具です。

スムージーやスープなどを作るのに向いており、離乳食初期のペースト作りをすることも可能です。

また、ミキサーに氷を入れたい場合、刃に負担がかかるため、しっかりと氷に対応しているミキサーを購入することが重要ですよ。

「ブレンダー」という調理器具は、英語圏でのミキサーの呼び方なので、=ミキサーになります。

ジューサー

砕いた繊維質と水分の分離までを行ってくれるジューサー。
ジュースを作ることを専門に作られたアイテムで、ミキサーで作ったものよりも舌触りがなめらかで、さらっとしたジュースになります。

健康的にフレッシュジュースが飲みたいという方におすすめの器具です。

高速のジューサーと低速のジューサーがあり、高速のものよりも低速のジューサーの方が美味しいジュースを作ることができます。
低速のジューサーは、スクリューが素材を圧縮して、じっくりとジュースを絞りだしてくれるので、殆ど素材が空気に触れるこなく済みます。
そのため、栄養価が低下せず素材の風味も損なわないので、ポリフェノールやビタミンC、葉酸などの栄養素を摂取できます。

美容のためにスムージーを飲みたいという方には、ミキサーよりも低速のジューサーが断然おすすめです!

フードプロセッサー

肉や野菜などをカットしてくれる、フードプロセッサー。
刃やモードを変えることができる機能があり、スライスしたり刻んだり切り方を変えることができます。
料理の下ごしらえに向いており、包丁とまな板でカットするよりも時間と手間がかからないため、スピーディーに調理することができる器具です。

硬いもの、粘りの強いものは、詰まりや容器から溢れる原因になるため、使用に注意が必要です。

離乳食や煮込み料理にも使えるため、ミキサーを導入予定の方は、幅広く使うことができるフードプロセッサーの購入がおすすめですよ。

いかがでしたか?
自分の目的に合わせ、予算や手入れのしやすさを考慮し、購入することを提案します。