毎日洗っているのに足が臭くなる原因

毎日お風呂に入って、きちんと洗っているはずなのに足が臭う・・・という経験はありませんか?
友人の家へお邪魔する際や居酒屋の個室で靴を脱いだ時など、臭いがしてしまったら最悪です。
今回は、足が臭くなる原因を環境スペースが紹介していきます。

角質ケアが不十分

人間の足の裏には角質が形成されており、足の裏のかかと部分の角質が白く固くなっているという人は、その角質が原因で臭っている可能性があります。
古い角質は、ブドウ球菌やコリネバクテリウムなどの細菌の大好物で、日中空気がない靴の中で汗によってふやけた角質は、細菌を増殖させるのに最適な環境を作り出してしまっています。
ただ洗うだけではなく、古い角質を綺麗に取って角質ケアをすることで、菌の増殖を防ぐことができます。

足がきちんと乾いていない

雑菌は、湿度が高く蒸れている環境を好みます。
どんなに足を綺麗に洗っても、濡れたまま靴下やストッキング、サンダル、靴を履いてしまうと蒸れてしまうため、菌が増殖します。
足の裏はもちろん、指と指の間もしっかりと拭きとりましょう。
なかなか乾かない場合は、うちわで扇いだりドライヤーの冷風で乾かしましょう。
また、お風呂のバスマットは、家族など色々な人が使い、湿度も高く菌が非常に増殖しやすい環境なため、こまめに取り換えた方が良いでしょう。

ストレスが原因

家などプライベート空間では、足の臭いはないのに、仕事中だけ臭うという人は、精神的なストレスにより汗をかいてしまう精神性発汗かもしれません。
仕事中足の臭いを一度気にしてしまうと、そのプレッシャーによりさらに汗をかいてしまうので、精神性発汗により臭う足は気にしないことが一番の対処法です!

同じ靴をヘビロテしている

靴は2日以上続けて履くと、1日目についた汗などが乾かず、雑菌が住み着いてしまいます。
臭い靴を履いていたら当然足も臭くなってしまいます。
1日履いた靴は、乾燥材を入れて風通しの良い場所で2日置いておいて、菌を死滅させることが良いでしょう。

他にも、自分の足のサイズに合わない靴は、通気性が悪く発汗するため、足の臭いの原因となります。
サイズの合わない靴は臭いだけでなく、靴擦れや足のむくみなどの原因にもなるので気をつけましょう。
どんなに素敵な人でも、足が臭ってしまってはせっかくの魅力が半減してしまいます。
足の臭いが気になる人は、きちんと足のケアや雑菌を増やさない努力をしてみてください。