意外と知らない布団の洗濯頻度と洗濯方法

寒さから身を守って快適な眠りを助けてくれる布団。
皆さんはちゃんと洗濯していますか?
布団が匂ったり、くしゃみがでるようになったら布団が汚れているため、すぐに洗濯をしましょう。
今回の記事では、布団の洗濯頻度と洗濯方法を環境スペースが伝授します。

布団の洗濯について

布団は、目には見えない汗や皮脂、フケなどの汚れが溜まっているため、目立った汚れがなかったとしても、定期的に布団の洗濯をしましょう。
自宅で丸洗いが可能なウォッシャブルタイプの布団なら大丈夫ですが、洗濯ができる布団なのかを洗濯表示タグを確認しなければいけません。
手洗いマーク、洗濯機マークが付いているものは、洗うことができますが、そこに×印が付いているものは自宅で洗濯することはできないため、クリーニングに出して下さい。

布団の洗濯方法

布団を自宅で洗う場合、洗濯機の用量を守って洗濯をすることが大切です。
布団を3等分に畳んでぴったりと収まる、寝具用のネットに入れて洗うのですが、洗剤はおしゃれ着洗いの中性洗剤を使用しましょう。
次に、ドライコースか毛布コースを選択し、洗濯機に任せてすすぎ洗いまでをし、脱水は調整しながら1分以内の短い時間で終わらせることが肝心です。

コインランドリーでの洗濯方法

自宅の洗濯機が小さくて布団が洗えないという人は、コインランドリーで布団の大きさに合った洗濯機を選んで洗濯をしましょう。
コインランドリーの洗濯機であれば、容量が大きいので、洗濯ネットに布団を入れなくても洗うことができます。
中綿が偏るのが心配な方は、ぐるぐる巻いた後に紐で縛ってから洗濯すると中綿が偏りにくくなるためおすすめです。

乾かし方

・天日干し
風通しが良いところで、竿を2本利用して跨いで布団を干すと風が良く通って乾きやすくなります。
中綿まで完全に乾かすには、時間がかかってしまうので、晴れる日が続く日を狙って洗濯をし、数日かけてしっかり乾燥させましょう。
・乾燥機
コインランドリーで洗濯したものは、乾燥機を使用して乾燥させます。
何枚かまとめて布団を洗濯した場合でも、乾燥は1枚ずつ行い、布団を縛っていた場合は紐を切ってください。
1時間を目安に乾燥機にかけますが、布団を入れる時にテニスボールも一緒に入れると、ふんわりと仕上がるので試してみてくださいね。
また、1時間で乾燥しきれなかったら乾燥時間を延長し、中綿までしっかりと乾燥させましょう。
布団のクリーニングは、宅配も最近では行っている業者もあるので、近くにクリーニング屋がない方は利用してみてはいかがでしょうか?