コーヒー豆の選び方

毎日コーヒーを飲む人も多いです。
環境スペースのスタッフもコーヒー好きが多く、おいしいコーヒーのお店やコーヒー豆について会話が弾んでいます。
環境スペーススタッフの私コーヒー豆の選び方は、コーヒーについてあまり詳しくなく、豆の選び方でいつも悩んでしまいます。
そこで今回は、コーヒー豆の選び方について紹介していきます。

鮮度を重視しよう

コーヒー豆は、焙煎することで香りや味を楽しむことができるようになります。
焙煎方法によっても、香りの出かた、酸味、甘み、苦みなど微妙に違ってくるので、自分好みの焙煎具合を知ることも大切です。
焙煎具合が浅いと酸味を強く感じ、深煎りになればなほど苦みが強くなります。
酸味が苦手という方も多いですが、もしかしたらその酸味はコーヒー豆の酸化によるものかもしれません。
コーヒー豆も果実なので、本来はフルーティーで甘みの酸味を持っています。
豆本来の酸味であれば、甘みがありフルーティーだと感じられるはずです。
また、コーヒー豆は、焙煎した直後から劣化が始まり、時間と共に酸化していくので、購入時には焙煎した日がいつなのかを確認しましょう。
購入時に、焙煎してくれるお店もあるので、そういいうお店で購入するのもおすすめです。
コーヒーが好きな人は、毎日飲むのでコーヒー豆もまとめ買いしてしまいがちですが、酸化によって美味しさも変わってくるので、1~2週間で飲み切れるくらいの量を購入しましょう。

自分好みのブレンドを見つけよう

コーヒー豆の種類は数多くありますが、よく耳にするブレンドコーヒーとは数種類のコーヒー豆を混ぜ合わせたコーヒーのことです。
ブレンドコーヒーの種類は、混ぜる豆の種類や分量によって味が変わってくるので、無限にあると言っても過言ではありません。
ブレンドコーヒーの組合わせは、焙煎士によって変わり、ネーミングもコーヒーのイメージに合ったものが名付けられます。
好みのブレンドコーヒーに出会うまでは、少量ずつ購入して試してみるのがよいでしょう。
もっと、自分好みのブレンドコーヒーが飲みたいという場合には、焙煎士の炒るコーヒーショップを見つけて、焙煎士と仲良くなるのが一番です。
そのあとに、自分の希望を伝えて調整してもらうとよいでしょう。
インターネットのサイトでも、自分の好みに合わせてブレンドできるところがあります。
美味しいコーヒーが飲みたいと思うのであれば、ちょっと面倒に感じてもコーヒーショップに通ったりネットを活用したりするのがおすすめです。