食べた後すぐに横になっても大丈夫?

食べてすぐ寝ると太るなんて言われたことはないですか?
確かにお腹いっぱいになった後に、ごろんと横なると気持ちいいですが、太ると言われるとやっぱり後ろめたさが残ってしまいます。
そこで、食べた後に横になるのは本当にダメなのか環境スペースのスタッフが調べてみました。


食べた後すぐに横になっても大丈夫?

食べた後すぐ横になることについては、様々な意見があるようです。
食べた後に軽い運動をするのがいいという人もいれば、30分~1時間程度はゆっくりと過ごすのがいいという人もいます。
でも、やっぱり横になって休みたいという人もいるでしょう。
食べた後に横になる場合には、どちら側を下にして横になるのかが重要になってきます。
横になる場合には、基本的に右側を下にして寝るのがおすすめです。
人の胃の形はそら豆に似ていて、右下にある出口が腸へとつながっているため、右側を下にした方が、食べ物もスムーズに腸へ移動できるので胃への負担も少なくてすみます。
一方、左側を下にして横になった場合は、胃の出口が上部になってしまうので、食べ物が腸へ移動しにくくなってしまい、消化不良を起こしてしまう可能性もあります。
消化不良までなくても、胃もたれや胸やけが起こってしまうこともあるので注意しましょう。


左向きが適している人もいる

逆流性食道炎の人は、左側を下にするとよいでしょう。
右側を下にしてしまうと、どうしても胃酸が逆流しやすくなってしまうので、それを防ぐためにも左側を下にするのがおすすめです。
また、瀑状胃(ばくじょうい)と呼ばれる胃の方は、食べ物が胃に残りやすい形状のため、左向きになった後にうつ伏せとなり、最後に右側を下にするという順序で横になると、体への負担も少なくてすみます。


横になる時間は?

食べ物の消化には、多くの血液が必要となります。
そのため、食後すぐに運動をしてしまうと、血液が胃腸に集まりにくくなってしまい消化が上手くできなくなってしまいます。
可能であれば、30分~1時間程度ゆっくりと休むようにしましょう。
横になる場合は、上半身まで横になってしまうのではなく、上半身を起こした状態にするのがおすすめです。
完全に横になってしまうと、ぐっすり眠ってしまい、消化の働きも弱まってしまいますので注意しましょう。

食べてすぐに横になるのは良くないと言われますが、ポイントを押さえることで胃への負担を軽減することもできます。
横になるとどうしても眠くなってしまいますが、テレビを見たり会話を楽しむなどして眠くならない努力も必要です。