美しい月が見られる中秋の名月!その由来は?

秋は空気が乾燥しているので、夏よりもきれいな月を見ることができます。
特に中秋の名月は、1年で最も美しい月であり、月の出る位置も程よい高さにあるため、お月見をするには絶好のチャンスとなっています。
今年のお月見を楽しむために、中秋の名月について環境スペースがお話ししていきましょう。


そもそも中秋の名月ってなに?

中秋の名月は、旧暦では8月15日であり、現在の9月10日前後を指します。
旧暦では8月15日が中秋の名月とされているわけですが、現行歴では9月10日前後となんだかもどかしい感じですよね。
その理由としては、旧暦と現行歴では日にちの数え方が違うので、月の満ち欠けと日にちが合わなくなってしまうのです。
そのため、現行歴では毎年中秋の名月の日にちが変わっています。
日本には、四季があるため1年に1~2回だけ月が美しく見える日があるんです。
そのうちの1回が、ちょうどこの時期であることから中秋の名月と言われるようになったのです。


中秋の名月だけが注目されるのはなぜ?

1年の間に満月になる日は何回かありますよね。
しかし、中秋の名月だけが他の満月よりも注目されているのはなぜでしょうか。
その理由としては、9月は夏に育てていた作物の収穫が終わる時期であり、これから収穫を迎える稲作が豊作となるようにお祭りが開催されていた時期であることが関係していると言われています。
お月見が習慣化されたのは、平安時代の頃で美しい月を皆から酒を飲んだり詩歌や管弦に親しんだりしていたようです。
このころは、月を直接眺めるのではなく、杯に映る月を楽しむというのが当たり前でした。
平安時代は貴族を中心にお月見をしていましたが、江戸時代に入ってからは庶民の間でもお月見を楽しむ風習が根付いていきました。


お月見のお供え物には意味があるの?

お月見にはお供え物が付き物です。
一般的には、お月見団子やススキ、農作物が定番となっています。
お月見団子は、その丸い形を月に見立てて感謝をするためだと言われていて、お団子の数は、15夜なら15個用意して積み上げていきます。
ススキは、穂の形が稲穂に似ていることから稲穂の代わりとして供えたのが始まりです。
ススキは、魔よけの効果があるということもあってお供えするようになったのです。
農作物に関しては、その地域の特産品など収穫されたばかりの作物をお供えします。
里芋や栗、枝豆などが多く、里芋をお供えすることが多いことから芋名月と呼ばれることもあります。

毎年何気なく中秋の名月を迎えているわけですが、その由来を知ることでより興味を持つことができますよね。