秋も肌トラブル対策は必須!

暑い夏が終わってちょっと涼しくなり始めるのが今頃の時期。
日ごとに気温が下がって、油断する季節でもありますね。
気が緩んでくると、サボりがちになってしまうのがお肌のお手入れではないでしょうか。
夏の間は、強い紫外線や汗、皮脂対策に余念がありませんが、涼しくなってくるとお手入れもサボりがちになってしまいます。
しかし、秋だからといって安心は禁物です。
秋は、気温の変化が激しいので、夏の間とはまた違った肌トラブルが起きてしまうこともあります。
今回は、秋の肌トラブルとその対処法について紹介していきます。

秋にも肌トラブルが起きてしまう原因

肌は28日周期で細胞が生まれ変わります。
秋に肌トラブルが起きてしまうのは、秋だからと言ってすぐに肌が生まれ変わるわけではなく、夏の間に受けたダメージがまだ肌に残っているからなのです。
肌が生まれ変わる周期と季節が変わるのが同じタイミングであればさほど気にならないのかもしれません。
また、秋にも紫外線による肌への影響はありますし、気温や湿度の低下も肌トラブルが起きてしまう原因です。
紫外線は、ターンオーバーを乱したり肌の乾燥、炎症などを引き起こすので、シミやシワも目立ってしまうのです。

こんな症状があったら要注意!

今の肌の状態をしっかり把握することで、適切なお手入れを行うことができます。
自分の肌の状況をチェックしてみましょう。
・頬や口の周りに白い粉はふいていませんか?
・ファンデーションを抜いるときに、パフが引っかかるような感じがしたり、ノリが悪かったり、ヨレるようなことはありませんか?
・朝起きた時に、頬などに枕のあとがついてなかなか消えないことはありませんか?
・鼻を触った時に、ザラツキを感じることはないですか?
・肌のツッパリを感じることはありませんか?

肌トラブルを解消しよう!

上記のような症状がある場合には、肌トラブルが起きている可能性があります。
「洗う」「補う」「守る」といったスキンケアをしっかり行いましょう。
メイクはクレンジングを使って落とし、洗顔フォームを使って丁寧に洗いましょう。
洗顔フォームを使用しない人もいますが、汚れを落とすためには洗顔フォームを使用するのがおすすめです。
洗顔後は、すぐに化粧水をつけましょう。
化粧水だけではすぐに水分が蒸発してしまうので、乳液やクリームで保湿することが大切です。
日中は、しっかりと日焼け止めを塗ってください。
秋もまだまだ紫外線は降り注いでいますので、注意が必要です。
夏に受けたダメージのケアをしつつ、これからの季節に対する肌トラブルの予防をお行うのがおすすめです。