食パンの保存方法と美味しく焼くコツ

毎朝、朝食に食パンを食べているという方も多いのではないでしょうか。
しかし、1回で一袋全て食べ切ることが難しい場合もありますよね。
普段から常温で保存している人が多いと思いますが、それではせっかくの美味しい食パンも風味が落ちてしまいますし、乾燥してパサパサした食感になってしまいます。
今回は環境スペースが、食パンの保存方法と美味しく焼くコツについて紹介していきましょう。

正しい保存方法は?

冷蔵庫で食パンを保存してしまうと、パンが固くなってしまいます。
冷蔵庫に入れることで、カビ防止になりますし食べたい時にすぐに食べられると思ってしまいがちですが、せっかくのフワフワ食感が損なわれてしまうのでおすすめできません。
残ってしまった食パンは、1枚ずつラップで包んでフリーザーバックに入れて冷凍庫で保存しましょう。
ラップとフリーザーバックで2重に包むことで乾燥や臭い移り、冷凍焼けを防ぐことができます。
少し手間はかかりますが、こうすることでパン同士がくっついてしまうこともなく使いやすいです。
冷凍保存の期間は、1~2週間で食べ切るようにしましょう。

冷凍のパンの食べ方は?

冷凍保存した食パンはどのようにして食べるのが良いのでしょうか。
冷凍した食パンは、トーストして食べるのがおすすめです。
トーストする時は、解凍せずにそのまま焼くかアルミホイルに包んで焼いてください。
ホイルに包むと水分が蒸発しにくいので、焼き立ての食パンの風味に近づけることができます。
解凍してしまうと、水分が蒸発してしまいパサパサした食感になってしまうのでおすすめしません。

どんな器具で焼くのがいい?

・トースター
トースターを使用する場合は、事前にトースター内を温めておきましょう。
そうすることで、短時間でパンを焼くことができ水分の蒸発を最小限にすることができます。
また、パンを焼いている間はトースターの上にお皿を乗せて温めておくのも美味しく食べるコツです。
・グリル
ガスコンロのグリルは、魚を焼く以外にもさまざまな料理に活用することができるんですよ。
トースターがない場合には、ガスコンロのグリルを使ってみましょう。
グリルで焼くことで、そとはカリっと中はふっくらと焼き上げることができます。
短時間で焼くことができ、節電にもなるのでおすすめです。
グリルで焼くのはニオイ移りが気になるという方もいます。
グリル内では、加熱している間はニオイが映ることはありませんが、焼き終わったとにグリル内で放置してしまうと、ニオイがついてしまいますのですぐに取り出すようにしましょう。