事前準備を万全にして日光いろは坂を楽しもう!

10月といえば紅葉ですよね!
環境スペーススタッフは紅葉が綺麗な観光スポットを訪れるのが大好きです。
毎年この時期になると今年はどこに行こうかな?と事前にパンフレットを眺めています♪
そこで今回は、日光にある有名な「いろは坂」の紅葉を楽しむためのコツを伝授しちゃいましょう。

環境スペース,ドライブ,紅葉

いろは坂ってどんな観光名所なの?

いろは坂は、栃木県日光市にあります。
日光山内と奥日光を結ぶ急な坂となっており、合計で48もの急カーブがある観光道路として知られていますよね。
第一いろは坂は下り専用になっていて、第二いろは坂は上り専用です。
昭和初期に「いろは48文字」になぞらえて「いろは坂」と名付けられたんだとか。
「い」「ろ」「は」の48文字の看板がそれぞれカーブごとにあり、標高はなんと440m!
第二いろは坂にある「明智展望台」から眺める景色は絶景ですよ♪
紅葉が美しいスポットとして有名ですが、ドライブも楽しめるスポットなのでドライブ好きの方にもおすすめの観光名所です。
見頃は、10月中旬から11月下旬なので、これからの時期にぴったりですね!

更にいろは坂を楽しむためのコツって?

①乗り物酔いしやすい人は助手席へ!
いろは坂は大変急カーブです。
車酔いしやすいという人は事前に酔い止めを飲み、エチケット袋を用意して助手席へ座ることを環境スペーススタッフは推奨しますよ。

②ガソリンは事前に補充しよう
いろは坂は、紅葉やドライブを楽しむ観光道路のため、余計なものが作られていません。
つまり道中にガソリンスタンドがないのです。
ガソリンが途中でなくなってしまうと、復旧するのに時間がかかってしまい、せっかくのドライブ・観光が台無しに…。
日光から中禅寺湖を登るまではガソリンスタンドがないので、事前にガソリンを満タンにしておきましょう!

③トイレ休憩も事前に済ませよう
いろは坂の道中には、トイレ休憩ができる場所もありません。
いろは坂に行く前に事前で済ませておいてくださいね。

④軽自動車でも二駆でもOK!
いろは坂は急勾配なので、軽自動車または二駆自動車で走行することを不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、どちらでも問題なく走行できるので大丈夫です。
四駆自動車の方が運転が楽というくらいの差なので、自家用車で行く場合は、わざわざレンタルする必要はないでしょう。

事前準備を万全にして、よりいろは坂を楽しみましょう。
レンタカーを手配する人は、是非四駆を借りてみてくださいね♪