秋の星座と大四辺形を学ぼう!

9~11月にかけて夜空に見られる星座を「秋の星座」と呼びます。
皆さんもペガスス座・アンドロメダ座・ペルセウス座は天高くかけているので見たことがあるのではないでしょうか?
今回の記事では、環境スペースのスタッフが秋の星座と大四辺形を紹介したいと思います♪

環境スペース,星座,

秋の第四辺形

ペガスス座・アンドロメダ座の星を結んでできる四角形のことを「秋の第四辺形」と呼びます。
秋の四辺形を見つけることで他の秋の星座を見つけるための目印に。
西の辺を南に伸ばし、みずがめ座を通るとみなみのうお座である1等星フォーマルハウトを発見できます。
東の辺を南に伸ばせば、くじら座の2等星デネブが。
このように覚えておくと秋の星座をより楽しめるかもしれませんね♪

・ペガスス座
アルゴスの王女、ダナエとゼウス間に生まれたのがペルセウスです。
島をきっての勇敢な青年へ成長し、魔女であるメドゥーサを退治しました。
メドゥーサの首を切り落とした際に流れた血から、天馬ペガススが誕生したそうですよ。

・アンドロメダ座
両腕が鎖で繋がれている古代エチオピア女王「アンドロメダ」の姿の星座。
ギリシャ神話だとペルセウスとペガススのお話しにアンドロメダが登場しますよね。
古代エチオピアの王であるケフェウスと王妃カシオペヤは、娘のアンドロメダを大変可愛がり、娘の美しさを神々に自慢していました。
すると神々は怒ってアンドロメダをくじらの生贄にしようとしましたが、メドゥーサの首をとったペルセウスがペガススにとって通りかかり、くじらを退治してアンドロメダを救いました。
その時のくじらがくじら座となって秋の星座として夜空に今でも見られます。
アンドロメダ座の見つけ方は、アルファベットのAの字のように星が並んでおり、2等星がいくつかあるものだと覚えておくと分かりやすいでしょう。
アンドロメダ座の足元に輝いている2等星のアルマクですが、望遠鏡で観察すると青っぽい星と黄色っぽい星が並んで見える綺麗な二重星と定評がありますよ。
また、アンドロメダ姫の腰付近には、アンドロメダ座大銀河という大変有名な銀があります。
230万光年離れているとことにある渦巻銀河ですが、形が整っている大きな銀河の中では、1番近くにあるものなんだそう。
条件が良いと肉眼でも微かに捉えることができますが、双眼鏡を使うことで明かりがあっても見ることが可能ですよ♪

環境スペーススタッフは、星座のアプリを導入して星空の観測を楽しんでいます。
皆さんも秋の星空を観測してみてはいかがでしょうか?