太らずに食欲の秋を過ごすためのポイントって?

10月と言えば食欲の秋という方もいるでしょう。
夏バテからも解消され、美味しい食べ物が多い時期なのでついつい食べ過ぎてしまう人も多いかと思います。
しかし、食べ過ぎて肥えてしまうのは防ぎたいもの。
そこで今回は、太らずに食欲の秋を過ごすためのポイントを環境スペースが伝授しましょう。

環境スペース,食べ過ぎ,太る

食欲の秋と言われるのは何故?

秋になると夏や冬よりもついつい食べ過ぎてしまう…という人はいませんか?
その理由は、夏バテで消化器官が弱っていたのが回復し、活発することが要因なんです。
夏バテのせいで栄養を補えなかった体はどうなっていると思いますか?
実はエネルギーが吸収しやすい状態になっているのです。
そのため、気にせずにそのまま食事をしてしまうとすぐに太ってしまいます。
また、秋は日照時間が減少するのでセロトニンの分泌量が夏よりも減り、食欲を調整する機能の働きが弱まっていることも食欲旺盛になる原因の1つなんだとか。

そして、秋が旬の食べ物は糖質が多いものが殆どなので、全体的に太りやすい要因が揃ってしまっていると言えるでしょう。

食べる順番や食べるものに気を付けよう

太らずに健康的に食事をとるには、いくつかのポイントがあります。

①原型が残っているものの方が太りにくい
同じ食材のものを選ぶにしても、原型が残っているかいないかでは血糖値の上りやすさが異なります。
なるべく原型が残っているものであれば、食物繊維が豊富な上に血糖値が上がりにくいんですよ。
例えば、焼き芋とスイートポテトがあったら焼き芋を食べたほうが太りにくいと言えます。

②糖質が低い食材から食べよう
最近では、「ベジタブルファースト」という、野菜から食べ始めて最後に炭水化物を食べる食事の仕方が話題になっていますよね。
この食べ方は、糖質の吸収をゆるやかにしてくれるので太りにくいのです。
しかし、野菜から食べ始めると言っても、にんじんや玉ねぎは甘みがあり、糖質が高いので注意しなければいけません。
葉野菜を先に食べてから他の野菜や炭水化物を食べるように気を付けてください。

③糖質の摂取は15時までがおすすめ!
糖質の摂取は14時~15時が1番太りにくい時間帯なので、この時間にデザートやお菓子を食べるようにしましょう。
22時以降に食べてしまうと、14時~15時に食べる場合の20倍も脂肪がつきやすくなってしまうので要注意です!

食欲の秋ですが、このように食べるものや食べ方に注意して食べ過ぎを防いで健康に過ごすことを環境スペースは推奨しますよ。