貧血の改善方法!効率的な鉄分の摂取方法って?

貧血は女性に多い症状ですが、男性でも貧血で悩んでいる人は増えてきています。
貧血になると疲れやすく、だるくなったりと様々な症状に苦しみます。
そこで今回の記事では、貧血になる原因とその対処法を環境スペースが紹介しましょう。

環境スペース,貧血,スタッフ

貧血の原因って?

血液に含まれる赤血球が不足すると貧血をおこします。
症状としては、疲れやすい・怠い・めまいがする・むくむなどがあります。
血液を全身に送る際に、普段よりも心臓に負荷がかかってしまうので、息切れ・動悸症状が初期症状として現れるのが特徴。
不足した赤血球を補うには、鉄分の補給が必要です。
鉄分が不足してしまうと、鉄欠乏症となって赤血球の数も減り、貧血になってしまいます。
女性の2割が貧血であると言われていますが、月経時の出血もしくはダイエットをしたことによる栄養不足などが原因なんだとか。

貧血の症状

・疲れやすい
・動悸がする
・爪が割れやすい
・ささくれができやすい
・口内炎ができやすい
・口の端が切れる
・集中力がない
・イライラする
・落ち込みやすい
…このような症状が見られたら貧血の疑いがあるので、受診することを環境スペースは推奨します。

効果的に鉄分を摂って貧血を改善しよう

貧血を改善するためには、鉄分を含んでいる食材を食べることが大切。
また、鉄には「ヘム鉄」、「非ヘム鉄」の2種類があり、腸での吸収が良い、ヘム鉄を中心にした食事をすることで効果的に鉄分を摂ることができるでしょう。

・ヘム鉄
肉、レバー、まぐろやかつお(魚類)…など

・非ヘム鉄
ほうれん草、小松菜、切り干し大根、大根の葉…など

また、ビタミンCと一緒に鉄分を摂ることで吸収率が高くなるので、ビタミンCが含まれているじゃがいもやピーマン、ブロッコリーなどと組み合わせて食事を摂ってみてくださいね。
ビタミンCは新たに血を作ってくれるので、鉄分と一緒に摂ることで相乗効果があるでしょう。
更に、酸味や辛みがあるメニューを一品加えると胃が刺激されるので、鉄の吸収率がより良くなりますよ♪
鉄製の鍋やフライパンを使用するのも環境スペーススタッフのおすすめです。

環境スペーススタッフも時々貧血で具合が悪くなってしまいますが、食事に気を付けて貧血を改善していきたいと思いました。
食事が偏らないように、栄養バランスも考慮しながら献立を決めると良いかもしれませんね。
また、めまいや立ち眩みがある場合は、貧血かも?と決めつけずに医師に相談してくださいね。